スポンサーリンク

2014-07-06

Poe の詩についてRavenというのがある。詩の内容は難しくて私には分かりづらいのだが、韻がいろいろと踏んであるのに気づいた。脚韻だけでなくて、文中でも韻を踏んである語がたくさんある。まず、最初の二つのスタンザを示す。
Once upon a midnight dreary, while I pondered weak and weary,
Over many a quaint and curious volume of forgotten lore,
While I nodded, nearly napping, suddenly there came a tapping,
As of some one gently rapping, rapping at my chamber door.
`’Tis some visitor,’ I muttered, `tapping at my chamber door –
Only this, and nothing more.’

Ah, distinctly I remember it was in the bleak December,
And each separate dying ember wrought its ghost upon the floor.
Eagerly I wished the morrow; – vainly I had sought to borrow
From my books surcease of sorrow – sorrow for the lost Lenore –
For the rare and radiant maiden whom the angels name Lenore –
Nameless here for evermore.

このような詩はいったいどのようにして訳すのかと思う。朗読を聞くと韻が重なるところは確かにリズム感があり心地よい。他言語へ訳した場合に、このリズム感をどのようにして確保するのかがポイントとなる。

kindle 版の Edgar Allan Poe – Gesammelte Werke による独訳 Der Rabe を見ている。訳した人の名は不詳だが、以下のようになっている。

Einst in dunkler Mittnachtstunde,
als ich in entschwundener Kunde
Wunderlicher Bücher forschte,
bis mein Geist die Kraft verlor
Und mir’s plötzlich vor, als klopfe
Jemand zag ans Tor, als klopfe –
klopfte jemand sacht ans Tor.
Irgendein Besucher, dacht ich,
pocht zur Nachtzeit noch ans Tor –
Weiter nichts. – So kam mir’s vor.

Oh, ich weiß, es war in grimmer
Winternacht, gespenstischen Schimmer
Jagte jedes Scheit durchs Zimmer,
eh es kalt zu Asche fror.
Tief ersehnte ich den Morgen,
denn umsonst war’s, Trost zu borgen
Aus den Büchern für das Sorgen
um die einzige Lenor,
Um die wunderbar Geliebte –
Engel nannten sie Lenor -,
Die für immer ich verlor.

 

ドイツ語への翻訳を苦労しているのが分かる。napping, tapping, rapping と続く心地よいリズムはklopfeを3回繰り返すことで代用している。December は思い切って月名のDezemberで訳さずに、Winternacht としている。 大胆過ぎると思ってしまう。morrow, borrow, sorrow の韻は難しい。この訳者は内容はある程度は意訳して、韻をきちんと踏んで、詩の持つリズム感はなんとか生かそうとしていると思われる。

ところで、37 Gedichte (kindle版) にも Der Rabe という詩の独訳がのっている(訳者 Theodor Etzel)。これを参考までに見てみる。

Eines Nachts, aus gelben Blättern mit
verblichen Runenlettern
Tote Mären suchend, sammelnd von
des Zeitenmeers Gestaden,
Müde in die Zeilen blickend und
zuletzt im Schlafe nickend,
Hört’ ich plötzlich leise klopfen, leise,
doch vernehmlich klopfen
Und fuhr auf, erschreckend
stammelnd: >Einer von den
Kameraden<,
>Einer von den Kameraden<,

In dem letzten Mond des Jahres, um
die zwölfte Stunde war es,
Und ein wunderlich Rumoren klang
mir fort und fort im Ihre,
Sehnlichst harrte ich des Tages, jedes
neuen Glockenschlages;
In das Buch vor mir versenken wollt’
ich all mein Schmerzgedenken
Meine Träume von Leonoren, meinen
Gram um Leonore,
Um die tote Leonore

この訳の大胆さには度肝を抜く。直訳をすると「ある夜に、色あせたルーン文字で書かれた黄色く変色したページから、今は消滅した伝承を探しながら」となる。こんな訳が許されるのか。また、第2スタンザのDecember は「letzten Mond des Jahres, 年の最後の月」と訳している。この独訳を見ているとすべてこんな調子でいいのか、と首をかしげてしまう。ちなみに邦訳を2,3参照したら、どれもDecember はちゃんと「12月」と訳していた。邦訳はほとんどが直訳のようで意味を解釈し直すことはない。とにかく冒険はしていない。

 

スポンサーリンク