スポンサーリンク

このページを訪問していただきありがとうございます。

私は昔から、ミステリー、ファンタジー、SFなどに関心がありました。それらの本を外国語で読んで、その感想を記してみたいという思いから、このサイトを立ち上げました。忙しくてなかなか更新が出来ない時もありますが、週に2、3回はブログを更新して新しい感想を付け加えたいと考えています。

このサイトのタイトルは「異文化の森へ」です。昔から森に憧れていました。深い山奥で隠者のような生活が自分の理想です。しかし、仕事もあり家庭もある身としては、実際にそのような生活をするわけには行きません。現実は雑然とした住宅地の真ん中に住んでいます。そんなことから、自分の森への渇望は小説を味わうことで満たされるのです。つまり、自分のお気に入りの小説を読むことで、自分が深い森の中を散歩するような気になります。外国語で本を読むことは自分の家から離れて遠くの森に行くようなスリルを感じます。そんなわけで、このサイトには「異文化の森へ」というタイトルをつけました。

他の姉妹ブログも紹介します。

外国語で読みますので、今までは、自分は英語→フランス語→ドイツ語、という順番で読んでいきましたが、異なる言語を一つのブログにするのは問題だなと感じるようになりました。フランス語で読んだ本は、次第に別のブログ(フランス語でミステリーを読む)に記しています。

英語の本も別のブログにて語るようにしました。それは、英語の本を読み音声を聴くというブログで語っていきたいと思います。現時点(2016年10月28日)では、まだ格好はついていないのですが、これから記事を増やしていきたいと思います。

また、日本語で幻想的な小説を中心に読んでいます。時にはまったく正統派の本を読むことがあるのですが、それらの感想を日本語の世界を探求しようで語っています。

これからよろしくお願いします。

森の中をさまようように自分のお気に入りの本を勝手気ままに読み、気楽に語っていきたいと考えています。隠者のように書籍だけの世界に引き籠もりたいのですが、それには、もう少し時間がかかりそうです。

スポンサーリンク